ミニ・パブリックの発展を目指して

無作為抽出された市民(ミニ・パブリックス)を政策決定に活用しようというアイデアが生まれてから、計画細胞会議、市民陪審、コンセンサス会議、討議型世論調査など数多くの手法が考案され、社会実験が行われてきました。私たちは理論研究や実践を総合的に検討し、ミニ・パブリックスの手法を日本社会にもっと広めるために、活動を行ってゆきます。

​お知らせ

 

最新のイベント情報をブログと
下のフィード欄でお知らせしています。

 シンポジウム 

2020年12月5日(土)に第6回研究

フォーラムを開催しました。

詳細は「シンポジウム」よりご覧

ください。

​ 研究データベース

 

「ミニ・パブリックス」に関連して日本語で刊行された各種

研究論文のデータベースです。