ご案内

日本での「ミニ・パブリックス」を巡る理論研究や実践に携わる研究者・実務者・市民が集うフォーラムです。

ミニ・パブリックスの手法を日本社会に広めるために活動を行います。

 

ミニ・パブリックスの手法の発展を目指して

 

2015年12月にわたしたちは活動を始めました.​

 

 無作為抽出された市民(ミニ・パブリックス)を政策決定に活用しようというアイデアが生まれてから、計画細胞会議、市民陪審、コンセンサス会議、討議型世論調査など数多くの手法が考案され、社会実験が行われて

きました。日本でも、社会実験を取りあえず実施してみるという段階は一段落つき、次の段階を迎えています。

 今日、討議デモクラシーの理論とミニ・パブリックスの実践を架橋する

検討や異なったミニ・パブリックスの手法を「市民パネル」として総合的

に研究しようとする潮流が現れています。

 強い民主主義社会の実現に向けてミニ・パブリックスの可能性を引き出すためには、手法の違いを超えて、理論的、実践的課題を整理し、新たな

アクション・リサーチに取り組んでいくことが必要です。

 わたしたちは、日本での理論研究や実践を総合的に検討し、ミニ・パブリックスの手法を日本社会にもっと広めるために、日本ミニ・パブリックス研究フォーラムを2015年12月に設立しました。

 

 

代表運営委員​

坂野達郎(東京工業大学)

篠藤明徳(別府大学)
田村哲樹(名古屋大学)
 

運営委員

伊藤雅春(大久手計画工房)

小針憲一(NPO法人市民討議会推進​ネットワーク)​

佐藤徹(高崎経済大学)

長野基(首都大学東京)

前田洋枝(南山大学)

三上直之(北海道大学)

吉田純夫(NPO法人市民討議会推進​ネットワーク

Get social with us!
  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey
東京工業大学大学院社会理工学研究科
社会工学専攻 坂野研究室内
日本ミニ・パブリックス研究フォーラム事務局
電話 : 03-5734-3820 fax : 03-5734-3617
e-mail : tsakano「@」valdes.titech.ac.jp

​​​

© 2023 by ECO THUNDER. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now