第5回 
日本ミニ・パブリックス研究フォーラム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日時:2019年12月7日(土) 11:00〜17:30
場所:東京工業大学 大岡山キャンパス 西9号館2Fコラボレーションルーム

参加費:無料

坂野達郎(東京工業大学)

篠藤明徳(別府大学)

田村哲樹(名古屋大学)

 

 イギリスにおけるブレグジットをめぐる混乱は、3年前の国民投票の弱点に止まらず、政党・議会政治の混迷をも示しているようです。しかし、日本では注目されていませんが、ミニ・パブリックの制度化など、新しい民主主義の潮流が起こっています。今回の研究フォーラムでは、日本における研究成果の報告とともに、こうした潮流を学び、参加者の皆さんと議論したいと考えています。

まず第1部として、日本の研究成果に関し3つの報告があります。DPに関する社会心理学的調査(前田さん)、市民パネルによる自治体事業の審査への分析(長野さん)、市民陪審の試行(三上さん)についてです。続いて、本研究フォーラムも創設メンバーとして加わった世界的ネットワークであるデモクラシーR&Dの活動や各国で進むミニ・パブリックスの制度化の概況を学び、議論します。そして最後に、世界と連携しながら日本のフォーラムができることなどを忌憚なく話し合いたいと考えています。

 このフォーラムは、一般の人々も自由に参加、議論できる場です。多くの方々のご参加をお願いします。フォーラム、交流会へのご参加を事前にご連絡いただければ、嬉しく思います。

 
内容:
10:30 受付開始
11:00 開会の挨拶
11:05〜11:30  参加者自己紹介

 

第1部 日本の動向(11:30〜13:30)
前田洋枝(南山大学):「エネルギー・環境の選択肢に関する討論型世論調査」に対する社会心理学的研究


長野基(首都大学東京):無作為抽出型「市民パネル」による自治体事業審査活
動の研究

三上直之(北海道大学):「脱炭素社会への転換と生活の質」をテーマとした市民陪審の試行
*各報告20分、質疑応答20分

 

13:30〜14:00 休憩 (時間が短いため昼食持参をおすすめします)


第2部 世界の動向(14:00〜16:00)
事例・現状報告(東ベルギー州市民協議会、コロラド州Citizen Initiative Review、韓国・モンゴルの動向など)

その後、自由討論

16:00〜16:15 休憩

第3部 デモクラシーR&Dと日本の活動(16:15〜17:30)
デモクラシーR&Dの運営と新しい動向の報告

その後自由討論


18:00〜20:00 交流会(各自実費・約3000円負担)

 

 

第4回 研究フォーラム

日時:2018年12月8日(土)13:30〜17:30

場所:東京工業大学 大岡山キャンパス 西9号館3階933号室

内容:

第1部 大規模ミニ・パブリックス実験の報告-「外国人労働者受け入れ政策」をテーマとした「日本の将来に関する静岡県民による意見交換会」の知見から-

第2部 デモクラシー&設立、運営、活動の報告

第3部 日本ミニ・パブリックス研究フォーラムの今後の活動

*18:00〜20:00 交流会

第3回 研究フォーラム

2017年12月 9日(土) 13 :00-18 :00

(東工大大岡山キャンパス西9号館3階933教室)

[第1部]日本の報告

13:10 「市民が取り組んだ市民討議会の10年間を振り返って」

               (吉田純夫、小針憲一)

13:50 「盛岡市の公共施設再編に関する市民討議会の活用とその後」

       (上森貞行)

14:30 「地球規模のリスク問題に対するミニ・パブリックスの役割」

              (三上直之)

15:10 休憩 

[第2部]海外の動向(日本語通訳有)

15:30 「ジェファーソン・センターの今年の活動とミニ・パブリックスの展望」

                カイル・ボチェンコ

               (ジェファーソン・センター:アメリカ) 

​16:30 「世界におけるミニ・パブリックスのネットワーク」

                デイヴィット・シェクター

               (ニュー・デモクラシー財団:オーストラリア)

17:30 閉会の挨拶

 

  • 懇親会 18:00~20:00

 

研究会 12月10日(日)9:30~13:00

*研究会では、昨年同様、少人数で海外ゲストと質疑応答の時間を持ちます。

第2回 研究フォーラム

2016年12月 10日(土) 13 :30-18 :00

(東工大大岡山キャンパス西 9号館 W9-607)


第 1部 特別講演「市民陪審とジェファーソン・センター」
ジェファーソン・センター所長カイル・ボチェンコ氏

講演の内容はカイル, ボチェンコ「ジェファーソン・センターと市民陪審」として、『地域社会研究』(28)6-10頁にまとめられています。PDFでの閲覧はこちら

第 2部 日本における研究と実践報告
① DPの討議フォーマットと討議の質(グループ効果の分析をもとにして)
坂野達郎(東京工業大学)

 

② 世界市民会議(世界気候変動)

池辺靖(科学技術振興機構)
 

③ 豊山町での5年連続実施の市民討議会の調査
前田洋枝(南山大学)、伊藤雅春(大久手計画工房)

 

④ 実証研究と理論の架橋

坂井亮太(早稲田大学)

第3部 全体議論
 

交流会
 

【特別企画】

12月 11日(日) 10 : 00-13 :00 (東工大大岡山キャンパス西 9号館911)

*市民陪審、ジェファーソン・センターに関する質疑応答と議論

ジェファーソン・センター所長カイル・ボチェンコ氏

第1回 研究フォーラム​

日時:2015年12月12日(土)13:00~17:30
場所:東京工業大学 大岡山キャンパス 西9号館3階W933
【内容】

開催(設立)挨拶

坂野達郎(東京工業大学)

第1部:講演
1.基調講演 

「熟議民主主義研究の現在とミニ・パブリックス(仮)」
田村哲樹(名古屋大学)

2.ゲスト講演

ミニ・パブリックスの標準化、制度化
ハンス ルートガー ディーネル(ベルリン工科大学)

第2部:パネル・ディスカッション

「日本におけるミニ・パブリックスの現状と展望」

(報告)

①討論型世論調査:坂野達郎(東京工業大学)

②コンセンサス会議:三上直之(北海道大学)

③市民討議会:佐藤徹(高崎経済大学)

(討議)

④全体討議

コメンテータ:田村哲樹(名古屋大学)

司会:篠藤明徳(別府大学)

第3部:交流会
 

※第1回研究フォーラムの報告内容は

『地域社会研究』26号(2016年3月) 
(別府大学地域社会研究センター)

にまとめられています。報告論題をクリックしてご覧ください。

第一回研究フォーラムの写真

Get social with us!
  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey
東京工業大学大学院社会理工学研究科
社会工学専攻 坂野研究室内
日本ミニ・パブリックス研究フォーラム事務局
電話 : 03-5734-3820 fax : 03-5734-3617
e-mail : tsakano「@」valdes.titech.ac.jp

​​​

© 2023 by ECO THUNDER. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now